バレエスクールの魅力

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お子さんが女の子ならバレエを習わせたいと思ったことは一度はあるのではないでしょうか。綺麗で美しくとても女の子らしいイメージがありますよね。そんなバレエもスポーツクラブのキッズスクールには大体教室があります。

スクールによって入れる年齢はまちまちですが、幼児から高校生まで習える教室もあります。教室小学生までに学ぶ例を挙げると幼児のクラスではバレエの基礎だけではなく、普段の生活の基礎ともなる挨拶なども身につけることができるでしょう。小学生の低学年にはバレエの美しい姿勢を保つ体作りや基本の動きなどを習います。また忍耐力や集中力など精神面も鍛えられます。高学年の頃には、低学年の基本の動きに加えてより美しく魅せるような動きを学んでいきます。

習い事には何にしてもお金がかかります。スクールの場合は月謝のほかに入会金もいるところもあります。授業は大体週に一回で、一時間のコースが多いです。そしてバレエの場合は必要な教材もそろえなければいけません。レオタードやシューズ、タイツなどスクールで指定のものもありますし、自分で用意するにしても別途お金がかかります。こんなことをいうとバレエはお金がかかるからと敬遠されるかもしれませんが、小さな頃から習っておくメリットもたくさんあります。

 

 

バレエを習うメリット

幼いうちにバレエを習うメリットをいくつか挙げてみましょう。

まずは姿勢が良くなること。バレエを習うことで自然と普段から姿勢が良くなります。これは大人になったとき見た目で人に好印象を与えることができますし、褒められることもあるかもしれません。バレエは体で表現するスポーツなので、自己表現が上手くなる人もいるようです。とくに内気で人見知りな子供には、自分の気持ちを表現する楽しさを学ぶことができて良いでしょう。また発表会など大勢の前で舞台に立つ機会もあるまで、人前に立つことに慣れて度胸や自信がつくかもしれません。それからスクールに通うことで新たな友達が出来て交友関係が広がります。学校に馴染めない子供も、新たな世界が広がり友達が出来ることもあるでしょう。

バレエには体力も必要なので、続けることで体力もついてきます。そしてとにかく精神力も鍛えられます。スポーツは何でも根気が必要ですが、バレエもその一つです。姿勢を保つのも美しい動きを追求するのにも、繰り返し練習するのにも根気がいります。中には続けられない子もいるので、続けることで忍耐力が身につきますし、さらに集中力も備わるでしょう。大人になっても役立つことはたくさんあります。

スポーツクラブでキッズスクールに

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スポーツクラブと言えば社会人が運動するために通うイメージがありますが、キッズスクールを運営しているスポーツクラブをご存知ですか。子供にスポーツを習わせたいと考えている親御さんも多いのではないでしょうか。まずキッズスクールでどんなスポーツが習えるのかをご紹介します。

子供の頃にスポーツを習っていたと言う方は結構いると思います。その頃の経験が大人になって役に立つなんてこともあるのではないでしょうか。また子供に習わせることで、可能性を広げたり将来の選択肢を増やせる役割もあるでしょう。実際にオリンピック選手になる人達もいます。ではスポーツクラブにはどんなスクールがあるのでしょうか。まずは王道のスイミングスクール。クラブによっては乳児から入ることのできるスクールもあります。

小さな頃から始めることで健康にもよく運動能力も発揮するかもしれません。そしてダンススクール。体全体を動かせて、音楽にのせて踊ることでリズム感も身につきます。それから空手スクール。体力や持久力だけじゃなくバランスや柔軟性も身につきます。体操スクールは跳び箱、マット、鉄棒など様々なものにチャレンジできます。学校でも習うものばかりなので体育の授業にも役立つでしょう。今回詳しく説明していくバレエスクールの他にも、テニススクールやゴルフスクール、サッカースクールなどがあります。

関連HP・・・スポーツクラブのキッズ向けスクール